歯医者嫌いだった歯科医師からの提案

よくある質問

  • HOME
  • よくある質問

当院に寄せられるよくある質問にお答えいたします

Q

歯科医師を指定することは可能ですか?(男性歯科医師/女性歯科医師、診療する個室のタイプも)

A

可能です。実際、歯科医師の指名や診療室の指定をされる方が多くいらっしゃいます。患者さまにリラックスして治療に臨んでいただけるよう、男性歯科医師と女性歯科医師が複数勤務していますし、不安を取り除くために、様々なコンセプトの診療室をご用意しています。 アポイント状況にもよりますが、できる限り患者さまのご要望にお応えできるよう、お時間の調整などを行っています。

Q

セカンドオピニオンでの受診は可能ですか?

A

可能です。患者さまの不安を取り除くことを第一に考えていますので、気になることがあれば遠慮なくご相談ください。 セカンドオピニオンとしてお越しいただきましたら、お口の中を見させていただき、分かる範囲でどうしてそのような治療を行っているのかをご説明します。「分からない」ことが不安の原因になっていると思うので、しっかりとご納得いただけるまでご相談いただいています。痛みのある方には応急処置を行い、必要に応じて痛み止めのお薬も処方していますので、まずはご相談ください。

Q

何歳からの子どもを診てもらえますか?また、何歳から歯医者さんに行ったほうが良いでしょうか?

A

0歳から診ることが可能です。そこは親御さまの不安度によると思います。例えば、お子さまがお口をぶつけて出血をしてしまった際に、どうしたらいいのか分からない時はお越しください。その時に必要な治療があるかどうかを判断いたします。 また、4歳くらいから治療を行えると考えています。その際も、いきなり治療するのではなく、まずはお子さまとより良い関係性を築くことから始めます。

Q

クレジットカードでの支払いにも対応していますか?(保険診療ではどうか)

A

はい。VISA、MasterCard、JCB、American Express、UCセゾンなど、様々な種類にご対応しています。ただし、支払金額が30,000円以上の場合に限ります。また、保険診療のみでは使用できませんので、ご了承ください。

Q

できるだけ通院回数を減らしたいのですが、一度に診療時間を長くしてもらうような予約も可能ですか?

A

診療時間に関するご要望もお受けしています。 まずは患者さまのご要望をお伺いして、一度お越しいただきます。お口の中の状態を確認させていただき、どこにどのような治療が必要なのかを判断するためです。治療計画を立てて、時間や費用の目安をお伝えしたうえで、患者さまに治療を選択していただきます。 お口の中を確認しなければ治療計画を立てることはできませんので、お口の中全体を治療したい場合は、ぜひ一度お越しください。

Q

来週、予定が空いたら診てもらいたいと思っているのですが、予約をしないと診てもらえませんか?

A

急患の対応も随時行っています。その場合、予約でお越しいただいている方が優先となりますので、お待ちいただくこともあります。 しかし、お断りすることはありません。なるべく急患の方の対応もスムーズに行えるような体制を取っています。お待ちいただく際も、事情をご説明いたします。お口に痛みがある状態は、日常生活にも支障をきたしてしまいますので、お気軽にお越しください。

Q

すべて保険診療でお願いしたいと考えています。自費診療の提案などは控えて説明もしていただきたいのですが可能ですか?

A

可能です。当院は保険診療を中心に治療を行っていますが、患者さまからご要望があった際には、保険と自費の両方のメリット・デメリットをお伝えします。 特に自費診療は保険診療よりも費用がかかりますので、しっかりと納得していただいたうえで、後悔のない選択をしていただきたいと思います。 基本的には保険診療を中心にご案内していますので、こちらから治療を押しつけることはありません。

Q

治療の際に使用する麻酔はどのぐらいで作用が切れますか?また、麻酔が効いている際の注意点についても教えてください。

A

治療箇所や患者さまの状態によって個人差がありますが、だいたい1時間から2時間ほどで作用が切れてきます。 麻酔が効いている際に注意していただきたいのが、食事です。お口の中の感覚が麻痺しているので、頬や舌を噛んでも気付かない恐れがあります。麻酔の作用が十分に切れるまで食事は控えていただきたいですが、作用が切れる前に食事をする時は、麻酔をした箇所と反対側でゆっくりと噛むようお伝えしています。