お子様の歯並びをチェックしましょう

ご両親は意識的にお子様の歯並びをチェックしましょう。
お子様自身が自分から歯並びを治したいと言うことはまずありません。
歯並びは子供のうちに矯正することが理想ですので、是非お子様の歯並びや咬み合わせをチェックしてあげて下さい。
また歯並びは、生活習慣や遺伝とも深い関係にあります。

いろいろな歯並びの症状

前歯のデコボコ(叢生=そうせい)

前歯のデコボコ

歯がきれいに整列しておらず、デコボコになっていることです。
歯がねじれたり、重なり合ったりして歯並びがでこぼこの状態になっており、乱杭歯(らんくいば)とも呼ばれています。
アゴと歯の大きさのアンバランスのためにおきます。

最新式の装置を使うことによって、従来よりも歯やアゴに無理なく弱い力で治療することができるようになりました。
【治療開始可能時期】
通常は7歳ごろ、上アゴの前歯の永久歯が萌えてきた頃より開始可能です。

前歯が閉じない(開咬=かいこう)

前歯が閉じない

奥歯は咬み合っていても、前歯の上下に隙間が開いて噛み合わない状態です。
サ行、タ行などに発音しづらい言葉があるかもしれません。また、指しゃぶりが原因のこともあります。

指しゃぶりが長引いたり、現在も継続している場合や舌の動きとも関係していますので、その癖を直す指導も行う場合があります。
【治療開始可能時期】
治療が比較的難しい部類の咬み合わせですので、治療に反応しやすい早い時期の治療をお勧めします。

出っ歯(上顎前突=じょうがくぜんとつ)

出っ歯

上の歯が大きく前に出ている状態で、最近の子供たちに増加の傾向があります。
アレルギー性鼻炎や扁桃腺の腫れとも関係してると言われています。

同じように歯が出て見えていても、原因は様々です。たとえば、上の歯が出ているだけの場合、あるいは下アゴが小さいために出っ歯に見える場合など様々です。
【治療開始可能時期】
通常、8歳頃、前歯が4本づつ生えてきた頃から治療が可能です。

受け口(反対咬合=はんたいこうごう)

受け口

下の前歯が上の歯よりも前にある、受け口になってしまった状態で、将来顔のバランスとも深い関係があります。

【治療開始可能時期】
顔のバランスに関係してきます。乳歯列期(幼児期)に開始する場合もあります。

下前歯の重なり

下前歯の重なり

永久歯が生える時期にうまく生え変わらなったために起こります。

【治療開始可能時期】
症状によりますので、お気軽にご相談ください。

不正な歯の位置(萌出異常=ほうしゅついじょう)

不正な歯の位置

乳歯の虫歯などが原因で、次の永久歯が正しい位置に生えてこないことがあります。

【治療開始可能時期】
症状によりますので、お気軽にご相談ください。

深い咬み合わせ(過蓋咬合=かがいこうごう)

深い咬み合わせ

咬み合わせたときに、下の前歯が上の歯が被ることによって見えなくなってしまう状態です。

前歯の咬み合わせが下の歯が見えないほどオーバーラップしているため、下アゴの成長を抑制してしまいます。
それによって小さな下アゴのままになってしまい、上下のアゴにアンバランスを招きます。
ワイヤーや取り外し可能な装置を組み合わせて治療を行います。
【治療開始可能時期】
治療は7歳ごろ、前歯が生え変わったころから可能です。

横にずれたアゴ(側方交叉咬合=そくほうこうさこうごう)

横にずれたアゴ

上下のアゴの大きさのアンバランスなどにより噛み合せが横にずれることがあります。
この状態を放置すると、顔がゆがんでしまう可能性もあります。

【治療開始可能時期】
顔の輪郭にも関係してきます。
治療は7歳ごろ、前歯が生え変わったころから可能です。

前歯の横ずれ(前方交叉咬合=ぜんぽうこうさこうごう)

前歯の横ずれ

前歯の1-2本が逆になっていると、下アゴが左右へずれてしまったり、噛むたびに不適切な力が歯や顎関節にかかってしまい、歯やアゴを痛めてしまうことがあります。

【治療開始可能時期】
顔のバランスにも関係してきます。
治療は7歳ごろ、前歯が生え変わったころから可能です。

すきっ歯(空隙歯列=くうげきしれつ)

すきっ歯

通常の生え変わりでも一時的に前歯に隙間ができますが、仮に上の真ん中の前歯の間が2mm以上開いている場合は、注意が必要です。

【治療開始可能時期】
症状によりますので、お気軽にご相談ください。

お子様の歯並びや矯正治療について、詳しくはお問合せください。0798-23-3323 土・日・祝日も休まず診療しております!

このページのTOPに戻る ▲