小児歯科

西宮市の小田歯科では『歯はできるだけ削らない、抜かない』という信念のもとにお子様の歯の治療計画を立てています。 なぜなら、"一度でも削った歯は決して元通りにはならず、健康な歯よりも虫歯リスクが高くなる〟からです。
成人における虫歯治療の約半数は、以前に治療した歯が再び虫歯になったり、詰めものが外れたり、以前に治療した歯の不具合です。 最初はちょっと削って治療した歯も、やがて金属などの詰めものになり、クラウン(被せ物)になり・・・ こうして歯の寿命はどんどん短くなってしまうのです。
5~6歳になると、下の一番奥に6歳臼歯(第一大臼歯)という永久歯が生え始めます。この生えたばかりの永久歯にいかに虫歯をつくらず、 削らずに保てるかが将来の歯の寿命に大きくかかわってくるのです。
私たちは『子どもの頃の虫歯予防や治療は歯の寿命を大きく左右する』と考え、予防歯科に力を入れ、安易に削ることはしません。
乳歯の虫歯も『いずれ、永久歯に生え変わるから』と放っておくと、永久歯に悪い影響を及ぼすことがありますので、注意しましょう。

乳児の大きな虫歯が永久歯に悪影響を及ぼす例



歯並び、咬み合わせの異常

乳歯には永久歯の生えるスペースを確保する役割があるのですが、虫歯が大きくなって歯が崩壊すると、隣の歯はその隙間に倒れこんでしまうのです。 その結果、その下にある永久歯が生えるスペースが無くなり、歯並びや咬み合わせが悪くなります。



永久歯の形成不全(滅形成)

歯根の先まで虫歯の菌が感染し、膿(うみ)の袋ができるまで乳歯の虫歯が進行してしまうと、 その下にある発育中の永久歯の形成がが悪くなる(形成不全)ことがあります。
形成不全の程度は、茶色い斑点のような軽度のものから重度のものまで様々ですが、歯の質が弱く虫歯になりやすいので注意が必要です。

無痛治療 痛くない治療で安心

小さなお子様にとって、最初に受ける歯科経験は重要であると私たちは考えています。
初めての歯の治療が痛いものだとしたら、それは生涯、歯医者さんを怖がる原因を作ることになってしまうかも知れないからです。 ですから小児歯科においては、痛くない治療をするということは最も大切なことなのです。
小田歯科の小児歯科治療では、きちんと表面麻酔のお薬を塗ってから麻酔を行うことで、麻酔の注射の痛みさえも感じさせません。

このページのTOPに戻る ▲