フラップレステクニック 痛みの少ない最新のインプラント治療

インプラント治療の最新テクニックであるフラップレス インプラント手術とは、メスを使っての歯肉の切開や剥離、 そして縫合をしない手術方法のことです。
インプラントの手術を行う前に精密検査(CT撮影)とインプラントを埋め込む最適な位置のコンピュータシュミレーション設計を行い、 その位置に正確にインプラントを埋め込むための手術用テンプレートを作製することで、 歯肉を切ることなくインプラント手術をすることが可能になりました。
通常のインプラント手術では、メスで歯茎(歯肉)を切開したり剥離する必要がありましたが、 フラップレス インプラントではその必要がないため、出血や術後の腫れ、痛みなどを大幅に軽減することができます。 また、縫合や抜糸といった処置も必要ないため、手術時間や治療回数の短縮も可能です。



一般的なインプラント治療との違い



フラップレステクニック

フラップレス インプラント

インプラントの手術前にCT撮影を行い、コンピュータ上でインプラント治療計画を立て、安全に手術を行うための手術用テンプレートを作製します。
まず、手術用テンプレートを患者様の歯茎に装着し、ガイドに沿って小さな穴を開け、骨を削り、そのままインプラントを埋入していきます。
骨の状態が良く、初期固定がしっかりしていれば、手術当日に 仮歯を装着することも可能です。
フラップレスインプラントは、ドリルに必要な最低限の小さな穴を歯ぐきに開けるだけなので傷が小さく、痛みや腫れはほとんどありません。



通常のインプラント手術

通常のインプラント手術

通常のインプラント埋入手術では、歯茎を切開して顎(あご)の骨を露出させてドリルで穴を開けてゆきます。 その為、縫合が必要となり、傷が治るまでは次のステップに進むことができません。
また、フラップレス インプラントに比べて、痛んだり腫れやすくなります。

フラップレス インプラントのメリット

・メスを使用しないため出血が少なく、手術後の腫れや痛みも大幅に軽減できる。
・CT撮影とコンピュータ設計によって安全・確実に手術を行うことができる。
・手術時間が短縮され、来院回数も低減できる。

このページのTOPに戻る ▲