小田歯科の一般歯科治療

一般的な虫歯や歯周病(歯槽膿漏)、入れ歯などの治療を行います。 痛みを感じないように表面麻酔や電動注射器を使用します。
小田歯科では、しっかりとしたカウンセリングを行い綿密に計画を立てて治療いたします。
小田歯科では、痛くない、ていねいで長持ちする治療を心がけています。  特に予防歯科の観点から治療を進めていますので、患者様とのコミュニケーションを大切に最適の治療をしたいと考えています。


虫歯治療

小田歯科の虫歯治療

小田歯科の一般歯科治療では「早く」「安く」「痛くない」を目指しています。
しかし、虫歯の進行度合いや患者様のご要望によっては、一般的な虫歯治療では思った通りの治療をすることが出来ない場合があります。
小田歯科では、患者様に治療の十分な説明を徹底して、治療方法の選択や治療費用について同意をいただいてから治療を始めますのでご安心ください。

虫歯を見つけたらお早めにご来院ください

虫歯を見つけたら、そのまま放置せずに出来る限りお早めにご来院ください。 虫歯は放置しても絶対に自然治癒することはありません。  早期発見、早期治療が健康への第一歩です。

歯周病(歯槽膿漏)治療

歯周病

歯周病は、一般的には歯槽膿漏とも呼ばれ、 歯周病菌によって歯茎(はぐき)が炎症を起こす病気です。
具体的な症状としては、歯茎が腫れ、簡単なブラッシングなどでも出血が見られます。  歯周病を治療せずに放置しておくと、次第に歯茎が痩せて最終的には歯が抜け落ちてしまうのです。
歯周病は、歯科の2大疾患の1つで日本人に多い病気なのです。 現在20代成人の約7割、30代の約8割が歯周病にかかっていると言われており、 原因は喫煙や食生活、ブラッシング不足などさまざまです。  症状がひどくなった後では手遅れになるので、早めに治療しましょう。

歯周病が進行すると

歯周病は自覚症状に乏しいことから、気がつかないうちに進行していることがほとんどです。
多くの人は歯が動いてしまうのを感じた段階で、初めて歯周病だと気づきます。 さらに歯周病は口内だけでなく、全身にも影響を及ぼすことが最近わかってきました。 歯周病菌そのものは強い病原性を持っているわけではないのですが、歯周炎を起こした歯茎から歯周病菌が血液に入ってしまうと、 全身疾患の原因にもなるのです。 心臓・血管系疾患、細菌性心内膜炎、糖尿病などのさまざまな恐い病気を引き起こしてしまう可能性があると言われています。

  • 健康な歯茎健康な歯茎
  • 歯周病にかかった歯茎歯周病にかかった歯茎

歯周病の進行

歯周病の進行は、程度によってP1~P4度に分類されます。

P1:歯周炎~初期の歯周病
歯周溝にプラークがたまり、歯茎に炎症が起きます。
P2:軽度~中度の歯周病
炎症がより強くなります。これがいわゆる歯周炎です。
P3:中度~重度の歯周病
歯を指で押すと弱干グラグラしてきます。
P4:重度~末期の歯周病
歯茎全体が真っ赤、赤紫色になり出血も見られます。

健常な歯と歯茎の間にある歯周ポケットは0.5~2mmです。 歯周溝にプラーク(歯垢)が付かないようにするには、 適切なブラッシングと定期検診を受けて歯周病予防しましょう!

虫歯や歯周病を予防するには

口内清掃(ブラッシング)の指導

毎日のブラッシングは、虫歯や歯周病予防にとても効果を発揮します。 しかし、ご自分では磨けているように思えても磨き残しがある場合もあり、そのままでは虫歯や歯周病(歯槽膿漏)を悪化させてしまいます。 ブラッシングに対する意識の向上を図るために、小田歯科では歯科医師・歯科衛生士によるブラッシングの指導・メインテナンスをしていきます。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科医と歯科衛生士によるプロが特別な機材を使って行う歯のクリーニングのことです。
始めに歯石の除去を行い、次に歯の表面のザラザラしている部分をツルツルに磨いていき、汚れを付きにくくします。 また歯周ポケットが再発している部分は、 歯茎の炎症物質の除去をもう一度行い、再発傾向が高い部位にはポケット内部に薬(フッ素)を入れます。

レーザーによる虫歯予防

小田歯科ではレーザーによる予防処置および、虫歯予防薬であるフッ素を塗り込み、虫歯や歯周病の予防を行っています。

このページのTOPに戻る ▲