審美歯科とは

 審美歯科(しんびしか)とは、審美に焦点を当てた美しさを追求する歯科医療分野です。
ホワイトニング治療を含む審美歯科治療は歯の機能を回復するだけでなく、あなたのライフスタイル、 職業、社会的地位にふさわしい口元をデザインすることであり、あなた自身の本来の健康的な美しさや魅力を引き出すことであります。 審美歯科治療では、歯の機能的な回復に加え、あなたの魅力的な笑顔の実現を必要となりますので、ドクターには、 一般歯科以上に高い技術力と豊富な経験、また口元をデザインするセンスも重要となります。

審美歯科の治療方法

・セラミックなどの特殊な材料のクラウン(被せ物)による治療
・ラミネートベニアによる、「付け爪」感覚の審美歯科治療
・自分の歯の保護→他の健康な歯を傷つけなくてよい。
・自信や積極性の回復→若返った気分に!自信を持って外食にも行けます。

歯並びを美しくしたい

セラミッククラウン

セラミッククラウン法はその名の通り、セラミックのクラウン(被せ物)をかぶせる方法で、矯正歯科のようにワイヤーを使わず、 通院も2~3回で済むため、短期間で歯並びを矯正したい方におすすめです。

セラミッククラウンは、天然の歯と変わらない強度と歯触りを兼ね備え、歯並びはもちろん、歯の大きさや形、 受け口などの噛み合わせも治療することができます。小田歯科では、オールセラミッククラウンを使用し、 まったく変色がなく、天然歯と見分けがつかないほど美しいので、前歯など審美性が重要な部分の歯の治療に最適です。 また、金属をいっさい使用しないため、金属アレルギーや、歯・歯肉が黒ずんだりする心配もなく、色や形も選べるので審美的にも非常に優れています。

歯を白くきれいにしたい

ラミネートベニア

ラミネートベニアは簡単にいうと、歯の付け爪のようなもので、歯の表面を極めて薄く取り除き、 その上から薄いセラミックを張り付ける審美歯科治療で、虫歯などの歯周病がなければ、たった2回で完了します。 また歯質への負担も少ない治療法です。
歯の色を美しくするには歯のホワイトニング(漂白)をおこなうのが一般的ですが、体質などによってホワイトニングができない場合や、 ホワイトニングでは色の改善が見られない場合には、このラミネートベニアによる審美治療をおこないます。
ラミネートベニアは歯を白くするだけでなく、歯並びや歯の隙間を矯正して噛み合わせも良くするため、歯周病予防の効果もあります。 もちろん、セラミックなので金属アレルギーの心配もありません。治療期間が短いことから、多くの芸能人がこの治療をおこなっています。

ラミネートベニア

銀歯や金歯を無くしたい

セラミックインレー

虫歯ができた時、その悪い部分を削り取り、穴が開いた部分に人工の詰め物を入れます。 これをインレー法といい、主に銀とパラジウムの合金が使用されることから「銀歯」と呼ばれます。 一般の歯科医で保険が適用できることから銀歯が主流となっていますが、最近は「見た目が良くないので変えてほしい」と言う方や、 金属アレルギーへの懸念からセラミックインレー法を施術する方が増えています。

また、虫歯の部位が大きく、インレー法では治療が困難な方はセラミッククラウン法で治療することもあります。 いずれも、審美性の高いセラミックを使用するため、自然に美しく仕上がります。

セラミックインレー
セラミックインレー
このページのTOPに戻る ▲